忍者ブログ
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


また、前回の更新から結構間が空いてしまった。
AppleWathを買っていたのだが、それすら書いていなかった。

6月末くらいにAppleWatchを購入し、しばらくの間、どんなものなのか使ってみた。
その時から、アプリを作ることを前提に購入し使用していたので、使った感想がちょっと違う視点になっているかも。

とりあえず、対応アプリにどのようなものがあるのか調べたが、自分が使っているものはほぼ無し。
この為に新たなアプリを使って見る気もなかったので、ほぼ、標準アプリしか使っていなかった。
そして、すでにでている情報から、アプリ作成時に使用できそうな機能の使い勝手を見ていた感じになる。
当然、できることが限られすぎているので予想以上の不自由さにちょっと惑ってしまう。
それも、watchOS2である程度解消されることがわかっているが、まだ、そこは試していなかった。
バージョンアップ前に、最初のアプリを出したかったので、限られた機能と使い勝手からアプリのアイディアを考えていた。

このように進めていたので、当然、新規アプリを作ることが難しいと思った。
購入前に考えていたアイディアは、現状実現できないことばかり。
watchOS2でできるのではないかと思っている。
その結果、すでにリリース済みのアプリの中でAppleWatch対応に向いていそうなものがないかを考えた。
その結果、MarkingMap/MarkingMapPlusが最も対応した時のイメージがつきやすかったので対応を決定。
7月の後半から着手した。

結果的には、この対応がなかなかハードルが高く、いくつも引っかかってしまった。
それについては、また、次の機会に少しづつ書いていこうと思っている。

約2週間近くかかり対応が完成し、8月1日にAppleWatch対応版がリリースできた。

そこから、10日ほど経ったので、どのくらいの変化があったのか、改めて、詳細を見てみた。
まだ、AppleWatchを持っている人は少ないので、難しいと思ってはいたのだが、ほぼ変わらずの状況だった。
残念ながら、AppleWatchへのインストール状況は、わからないようなので、純粋なダウンロード数の変化で判断するしかなかった。
(これを知る方法があるのであれば、誰か教えていただきたい)
フリー版は、ほぼ変化はなく、無理やり考えると、いつもよりも1〜2割ほどダウンロードが多いようにも見えないことはない。
しかし、このくらいの変化は、常に繰り返すている範囲なので、微妙だと思った。
有償版は、いつもはほとんどダウンロードされることはないのだが、リリース後の3日くらいで、複数のダウンロードがあった。
こんなに短期間に複数のダウンロードがあったのは初めてで、、今回の影響かもしれない。
しかも、全て北米だったので、最もAppleWatch対応の影響を反映してくれそうな地区ではある。
今のところは、この程度の変化しか見ることはできないが、予想どうりではあるので、まぁ、よしとする。

次のアプリは、watchOS2にして、バージョンアップ直後のリリースを狙ってみるのもいいと考え中。

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

リリース済みアプリ

PseudoRPT


うつすと!


ChronologyMaker


LASI


3行日記


単位計算機


Marking Map Plus


交通費管理


交通費計算リスト


Markin Map


SheepSleepSheep


RootCalculator


元号変換


PieChart


MeasureShooting


SimpleMapCreator



Applivのレビュー記事
http://app-liv.jp/713163900/

ゆびてんじ


PR



Copyright ©   marble seijin の開発日記   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]