忍者ブログ
[82] [81] [80] [79] [78] [76] [75] [74] [73] [72] [71
iOSアプリでは、iTunesを利用してPCとファイル共有する事が出来る。
当然、開発時に設定を行う事で、この機能が使えるアプリを作成する事が出来る。

まずは、この共有方法から。

これは、すごく簡単で、「XXXX-Info.plist」のファイルにKeyを1つだけ追加する事で可能となる。
Keyに「Application supports iTunes file sharing」を追加して、これを「YES」に変更するだけでファイル共有が可能になる。

さて、ここからが今回のタイトルのお話。

上記の手順でファイル共有を有効にすると、iTunesの「App」のタブにあるファいつ共有の部分にアプリが追加される。
しかし、このアプリがcoredataを使用しているアプリであれば、共有されているファイル一覧の中に、データベースのsqliteファイルが見える。

これは、何かと面倒な事が発生する可能性が高いため、見えないようにする必要がある。
その方法として、sqliteファイルの置き場所を変える方法があるらしい。
保村先として妥当な箇所等も含め調べた所、「/Library/Application Support」がよいらしい。

今回、そのまま解説してあるページがあったので、そこを参考にした。
参考ページ

基本的にここに書かれているソースをそのまま使用する事で、問題なく動作した。
(自分の場合、分かりやすくしたかったので、メソッド化した。)

今回開発中のアプリに関しては、これで、問題なく対応する事が出来たのだが、既にリリースしたアプリで問題になるかもしれない。
それは、coredataを使用したアプリなのだが、今の所、ファイル共有を有効にしていない。
その為、データベースの保存先の変更も行っていない。

バージョンアップで、ファイル共有を有効にする事を考えているので、その場合、どのように管理するのか考える必要がある。
直に対応する訳ではないので、じっくり考えて試しながら対応を行っていく予定。

これに関して、よい対応が出来た時には、ここに残したい。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

リリース済みアプリ

うつすと!


ChronologyMaker


LASI


3行日記


単位計算機


Marking Map Plus


交通費管理


交通費計算リスト


Markin Map


SheepSleepSheep


RootCalculator


元号変換


PieChart


MeasureShooting


SimpleMapCreator



Applivのレビュー記事
http://app-liv.jp/713163900/

ゆびてんじ


PR



Copyright ©   marble seijin の開発日記   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]