忍者ブログ
[76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


UTableViewを使っているとちょくちょく登場してくるNSIndexPath。

今までは、この詳細まで意識する必要がなかったのであまり気にしていなくて、どこをさしているかが入っているものくらいにしか考えていなかった。
確かに、それで間違っている訳ではないのだが、その詳細についてはよくわからなかった。

今回、テーブル内容の削除や変更と連動していろいろと操作が必要となったので、調べる必要がでたので、ここに残す。

単純に参照する時には、下記のように指定する事で取り出せていた。

    NSInteger row = indexPath.row;

これがあるのだから、中身の設定(変更)も、単純に設定できると思っていたが、そうではなかった。

結果的には下記のようにする事で設定が出来た。

    NSIndexPath *indexPath = [NSIndexPath indexPathForRow:1 inSection:1];

参照と設定の方法が、別々のやり方が必要なのは少し分かりにくいと思う。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

リリース済みアプリ

PseudoRPT


うつすと!


ChronologyMaker


LASI


3行日記


単位計算機


Marking Map Plus


交通費管理


交通費計算リスト


Markin Map


SheepSleepSheep


RootCalculator


元号変換


PieChart


MeasureShooting


SimpleMapCreator



Applivのレビュー記事
http://app-liv.jp/713163900/

ゆびてんじ


PR



Copyright ©   marble seijin の開発日記   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]